[レポート] ルピシアのお茶の祭典「ルピシア グラン・マルシェ(プティ・マルシェ)2016」に参加してみた

[レポート] ルピシアのお茶の祭典「ルピシア グラン・マルシェ(プティ・マルシェ)2016」に参加してみた

前回予告していた通り、旭川の道の駅でルピシアのお茶の祭典に参加してきたので、早速レポートしたい。なお、グラン・マルシェと思っていたら、他と比べて規模が小さいからかプティ・マルシェとうたっていた。訂正訂正。

グラン・マルシェ(プティ・マルシェ)とは


公式HPを見ると、次のように説明している。

世界中のお茶から、お気に入りを見つけたい!そんな願いをかなえるのが「グラン・マルシェ」です。様々な紅茶や緑茶、烏龍茶、人気のフレーバードティーのほか、健康を...

世界中のお茶から、お気に入りを見つけたい!
そんな願いをかなえるのが「グラン・マルシェ」です。
様々な紅茶や緑茶、烏龍茶、人気のフレーバードティーのほか、健康を支えるお茶、お子さまにぴったりのノンカフェインのお茶など、季節のお茶が大集合。
もちろん、お茶に合うスイーツやフード、茶器など、多彩なコーナーをご用意しております。

ということで、お茶の試飲やグッズ、会場限定のお茶などを購入することが出来る、ルピシアファンに限らずお茶好きにはたまらないイベントとなっている。

去年は札幌で開催していたのだけど、会場の都合で中止になってしまったとのことで、今年は旭川のみでの開催となった。僕と奥さんの実家がちょうど旭川なので、帰省も兼ねて行くことにした。

お茶がいっぱい。試飲し放題


会場は旭川の道の駅。場所がちょっとわかりにくいのだけど、中心街から、最近旭川駅前に出来たイオンを左手に、忠別川を股にかける橋を渡るとそこにある。

展示場に入ると、出店形式で数多くのお茶が並ぶ。それらのほとんどは試飲が可能だ。









主力の紅茶から始まり、フレーバーティ、緑茶、抹茶、チャイ、野菜茶…などなど、お茶とつくものは何でも揃っているような、充実のラインナップだ。この点、想像だけど、他の会場に負けない品揃えだと思う。

イベントならではの出し物は?


イベントの楽しみの一つとして、ここでしか買えない限定のお茶があるということ。

地域限定のお茶がならぶ「ココデシカ」


グラン・マルシェではおなじみの出し物として、「ココデシカ」がある。字の通り、ここ(その全国各地、海外のルピシア)でしか買えないお茶が一同に集まっているコーナーだ。

ココデシカで1番人気のお茶は、中国地方限定の「瀬戸内リモーネ」とのこと。レモンの風味が心地よいフレーバーティだ。量も少なく手頃な値段なので、気軽に試すことが出来るだろう。

イベント限定茶「ファルファローネ」

店頭でも通販でも買えないお茶として、「ファルファローネ」がある。

ポップに書いてある売り文句は、

甘く艶やかなカシスの風味、濃いめに出したお茶に、たっぷりのミルクを入れてお楽しみください。

とのこと。

試飲してみたところ、砂糖で甘めに作られており、これがカシスの風味とぴったり。ちょっとリラックスしたいときに飲むと良さそう。会場に行ける機会のある人は是非飲んでみてほしい。

だいこりが気になったお茶は?

いくつか試飲してみて、気になったお茶をピックアップしてみたい。ここに挙げるものは、完全に個人的な趣向であるので、おすすめ!というよりは、数あるお茶の一例として捉えていただければ幸いです。

ナツコイ


レモン風味の柑橘系紅茶。アイスティにぴったりで、夏季限定の模様。何といっても、このパッケージがかわいい。あと、「ナツコイ」っていうネーミングが、すでに甘酸っぱい。すき。

クッキー


名前の通り、クッキー風味の紅茶。ミルクティーがおすすめ。3時のおやつに1杯飲むと、何だか幸せに満たされた気分になりそう。甘いもの好きにいいかもしれない。兄が買いました。

まとめ

お茶の他に、紅茶のお供でおなじみのスコーンや、まとめ買い、特価品などもあり、大量に買い込むお客さんが目立った。うちもこれだけ買った次第。

奥さんとは「あまり冒険してないね(笑)」と言っていたのだけど、普通に買っても全品10%〜割引なので、ルピシアで1つでもお気に入りのお茶があれば、それだけでも行く価値があると思う。イベントは明日6/5(日)もやっているので、近郊の方は足を運んでみてはいかがだろうか。

以降も、全国各地で開催される。岡山、金沢、大阪、池袋、仙台、沖縄、福岡、広島の8箇所だ。詳細なスケジュールは公式HPをみてほしい。

行く前に上記のHPで予約をしておくと、入場がスムーズな上にちょっとしたお土産をもらうことが出来る。旭川ではちょっとしたクッキーとお茶の袋を閉じるクリップがもらえた。クリップはとても便利なので、やっておくといいだろう。

さて、しばらくはお茶ざんまいだ。