[おとりよせ] 旭川にある有名ファーム「谷口農園」の「ふきのとうみそ」は春を感じないわけにはいかない絶品おかず味噌だった!

[おとりよせ] 旭川にある有名ファーム「谷口農園」の「ふきのとうみそ」は春を感じないわけにはいかない絶品おかず味噌だった!

実家で晩御飯をいただいていたところ、何気なく出てきたおかず味噌。これがめちゃめちゃ春を感じて仕方がなかったのでご紹介。

春を感じるひとコマ

今期のアニメでほのぼの日常系の作品と言えば「ふらいんぐうぃっち」。元々は別冊少年マガジンで連載中の漫画が原作で、現在4巻まで出ている。ちょっと気になって、Kindle版をまとめ買いしたら、ほっこりして良かった。

※いまAmazonがGWセール中で、Kindle版を購入すると20%ポイント還元中なので、チャンスです

この作品は青森が舞台で、僕の住んでいる北海道にも近い。主人公は女子高生の魔女。横浜から青森の親戚の家に修行へ来たという設定で、その土地の文化に触れたり、野菜を作ったり、ほんのちょっとした異世界に触れたりとか、そんな話。

そんな中、ある話で親戚の男子がふきのとうの天ぷらを作ってくれるという描写があり、それがたいそう美味しそうなのだ(アニメでもあったみたい)。


出典ふらいんぐうぃっちの2巻より

ふきのとうは北海道でも春の山菜の代表格。好んで食べるというわけではないけれど、あの独特の青臭い味わいは、春を舌で感じるには十分過ぎるほどのインパクトを持っている。

そんなふきのとう。この漫画を見て「食べたーい」と思っていたら、思わぬ形で目の前に現れた。

谷口農園のおかず味噌

それがこれ。

谷口農園の「ふきのとうみそ」。どうやらおかず味噌のシリーズがあるらしく、これはその一つらしい。谷口農園と言えば、旭川を代表する有名ファーム。最近は、都心の百貨店などでも、ブランド商品として棚に並ぶことが多いみたい。

原材料を見ると味噌、ふきのとうに加えて、砂糖、醤油、かつおぶし、一味とうがらし、と、極めてシンプルなもの。さてさて、どんな味なのかしら?

春の味がドン!ご飯がザザッ!

一口食べてみると、あのふきのとうの風味が、ほぼ100%のパワーでドン!とやってくる。くぅー、春の味!

その後、味噌の味わいがご飯を包み込み、「はやく次のご飯を!」と責め立ててくる。ご飯ザザッ!春の味ドン!ご飯ザ(以下繰り返し)

ということで、軽く2杯は行ったよね。怖い。ふきのとうみそこわい。それくらいインパクトのあるおかず味噌であった。うーん、持って帰りたい。。

ネットで売ってるみたい

調べてみると、谷口農園はネットショップをやっているみたい。

ここでふきのとうみそがビシッと買えるみたいなので、春を感じたくて仕方がない人は購入してみては如何だろうか。

「谷口農場ネットショップ」で取り扱う商品「ふきのとうみそ 140g」の紹介・購入ページ

他にも魅力的な商品、いっぱいだね。