盲導犬

盲導犬

会社帰りの電車で盲導犬を見たのですが、やはり彼らはおりこうさんですね。

主人が座ったら自分もふせをしてその場でじっと動かないで居て、降りる駅のアナウンスが聞こえるとサッと立ち上がって主人に降車を促す…と、動きに無駄がまったくありません。
もうおりこうさんというより、少しその律儀な姿勢を見習いたいなと思ってしまいました。

 

実家のルルは無論愛玩動物なので、今日みたいなことはどう転んでも出来ないのだろうけれど、それでもお互い使命感を持って(盲導犬は主人を導き、ルルは我々を楽しませ)日々を生きているのかなあと感じました。

 

でも、もう少し奥さんに懐いてくれてもいいんじゃないかな、ルル…。

 

■今日のぐっと来たニュース

www.asahi.com
 
朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?
朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?

26日のペアで2位だった井上怜奈(31)組。ホームページなどによると演技後、パートナーであるジョン・ボルドウィン(34)がひざまずき、井上の両手を握って「残りの人生を一緒に過ごしたいのは君なんだ」と熱いプロポーズ。涙ぐみながら、「はい」と答えた。

 

記事を読むと井上さんは肺がんだったらしく、それを乗り越えて大会で頑張って来たそうです。
で、このプロポーズ。
自分が同じ立場だったら同じく涙ぐんじゃうに違いないだろうなと思いました。
ロマンチックが止まらない。

 

■近況

2年前に水曜どうでしょうという番組でお馴染みの「サイコロの旅」を模した旅行を会社同期3人で行いました。
1人がハンディカメラを流しながらの旅だったので、そのビデオを久しぶりに昨日観ている。

サロマ湖での1シーン

サイコロらしく宛てのない二泊三日の旅だったのですが、ビデオを観ているとまあ些細なことで大爆笑をしている3人が楽しそうにドライブしており、2年前だというのにずいぶんと若いなあと感じてしまいました。
機会があればまたやりたい、そう思った26歳の冬でした。

(※でも実際やるとやっぱりキツイ)

ではまたー。