選択

選択

選択 「人生は選択の連続だ」なんて昔の偉い人は言いましたが、何がともあれ最近は本当に選択の連続です。まあもちろん仕事なのですが。

IT業界っていうのは目に見えにくいものを扱っているせいか、先の判断がなかなか難しいように思えるんですね。例えばトンカチや釘を使って本棚を作るとしたとき、作業をしているうちにどんどんと出来あがっていく様が分かるので意識しやすいのですが、出来あがっていくものがパソコンの中だとこれがなんとも掴みにくい。その上時間が立てば立つほど新しい技術もどんどんと押し寄せてくるので、過去の経験がなかなか生きないんですね。そんな中で、「こういう問題が起きたのですがどうしたらいいですか?」という質問が一番悩ましいわけです。「こうすべきですよ!」というのは簡単ですが、後あとその決断がさらなる大きな問題になることだってあります。実際、前回やっていた仕事はまさにそんな感じ。それが毎日のように襲いかかってきたようでした。そうした苦い経験をしているがゆえに、決め難い。

でもでも、こうしたことを乗り越えていかないとやっぱりだめなんですよね。この先何があるかわからなくても、それでも選択し、決断して行動していく。その責任はゆくゆく自分に舞い戻ってくるのだけれど、それでもその選択は間違っていなかったと胸を張れるくらい堂々としていたいものです。

自分はIT関連で務めているので上記のような話になりましたが、きっと結局はどこの業界も同じですよね。こうした選択に迫られた時、皆さんはどう対処しているでしょうか。

今日のぐっと来たニュース

【12月19日 AFP】炭酸飲料コカ・コーラ(Coca-Cola)が性交後の殺精子剤の働きをするとの考えは、都市伝説以外の何者でもない。

【12月19日 AFP】炭酸飲料コカ・コーラ(Coca-Cola)が性交後の殺精子剤の働きをするとの考えは、都市伝説以外の何者でもない。18日の英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical JournalBMJ)」で専門家が注意を呼び掛けた。
米ハーバード大学医学部(Harvard Medical School)のデボラ・アンダーソン(Deborah Anderson)教授(産婦人科)によると、米国では1950-60年代にかけて、コカ・コーラの酸性が精子を殺すと信じられ、性交後の膣(ちつ)洗浄に使われることがあった。また、いくつかの貧しい国々では現在でも性交後の避妊法として用いられているという。

まさに都市伝説な内容です。自分もどこかで同じような話を聞いているということは、それなりに知名度があるということでしょうね。昨今の若年層のHIV被害の拡大なんかのニュースを見ていると、こうした間違った知識も当たり前のように受け入れられちゃっているのかなあと深読みして、すこし悲しくなりました。

近況

今日は父さんが仕事でやってきました。自分は仕事が遅かったのであまり長い時間会うことができなかったのですが、夜家でご飯を食べて行きました。夕方に仕事でこちらに来たと言うのに、ご飯を食べたら帰るというものだからびっくり。ほんと、お疲れ様です。

明日はバスケ部の忘年会!それではまた来週ー。