[おもちゃ] スイーツ作りの決定版?巷の女児に人気の「ホイップる」に迫る

[おもちゃ] スイーツ作りの決定版?巷の女児に人気の「ホイップる」に迫る

ホイップる」というおもちゃが、巷の女児に人気だそうな。僕は奥さん経由でそれを知ったのだけど、娘のうかたんがクリスマスあたりに欲しいと言っていて、僕の両親が買ってくれたことで手元に来たので、どんなものなのかお伝えしたいと思う。娘を持つお父さんはご参考に。

ケーキやクッキーのデコレーションを楽しむおもちゃ


photo credit: Doha Sam iWed Monster Wedding Cupcakes via photopin (license)

まず、ホイップるとはなんぞや?

ホイップる公式ホームページ
新感覚デコレーションホビー ホイップる☆公式ホームページ

生クリームみたいな「ホイップるクリーム」で、本物そっくりのスイーツが作れちゃう!!

ということで、後で固まるクリーム状のものを生クリームよろしくケーキやクッキーを模した土台にデコレーションすると、美味しそうなアクセサリーが出来るというもの。

美味しそうだしかわいいし、そして作り方も本物のケーキに生クリームを絞るような形になるので楽しいし、で女児のハートをわしづかみにしている様子。

元々このクリームは、パティシエのデコレーションケーキ練習用に開発された代物らしく、それをおもちゃに転用したものみたい。(実際のパティシエはバタークリームを使うらしいけど)

実際どんなものが出来るのかな?

作り方

作り方と言っても、クリームを絞るだけなのでそこまで詳しく書く必要はないが、一応以下に載せておく。

ホイップるを買う

まずホイップるを買わないと始まらない。いろいろ種類がある。

初めてホイップるに触るならこれって感じ↓

たくさん作りたい!って人はこれ↓

いきなり本気出したいわ!って人はこれか↓

で、うちが手に入れたのはミニーマウスとコラボしたこちらだった。

他にもたくさんの種類が売られているので、公式HPで確認してみて欲しい。

クリームを揉む

まず、クリームを揉むところから始める。

▲公式HPから引用

こんな感じのものが入っているのだけど、最初は結構硬くて、いい感じに柔らかくなるまで手で揉まないといけない。柔らかくなったら、袋の先にデコレーション用の絞り口をつけて、早速ケーキ作りの開始だ。

クリームを絞る

ホイップるの商品には、クリームを絞るための土台があって、バリエーション豊富にそれらが用意されている。うちのはミニーマウスだったので、それ形状のケーキやクッキー、飾りなどが入っていた。

絞り方はケーキのそれと全く同じ。ただまっすぐ引くのもよし。段々にしながら引くのもよし。ポイントポイントにツノを作るのもよし。で、当然だけどセンスを問われそう。ただ、すべての土台にお手本の写真が付いているので、とりあえず同じように作ってみれば、そう失敗はしないと思われる。

完成するとこんな感じ

ということで、完成するとこんな感じ。うかたんはまだ6歳なのでちょっとハードルが高く、だいたいは奥さんが手伝った。

▲まずクッキー。クリームはちょこんちょこんとアクセント程度に。

▲次にケーキ。クリームもりもりでボリュームをつけて。

サイズは普通のケーキの2/3くらい。どれも発色が良くて美味しそうなので、なんか口の中が甘くなる。。

これらを十分に乾燥させると、触っても問題ない程度に固まるので、飾っておいたり、ストラップにしたりして楽しむことが出来る。お友達同士で譲り合ったりすると、友情も深まるみたいですよ。ええ。

大人も楽しい疑似スイーツ作り

このホイップる。商品を見る限り子供向けのおもちゃということなのだけど、大人がやっても十分すぎるくらい楽しいみたい。奥さんがちょっとハマったようで、後に別のケーキセットを購入してた。

▲奥さんが本気を出した例。おもちゃ感ゼロ。

ただ、やってみたくても子供のおもちゃだしなあ…と思ったそこのアナタ。実はこのジャンルはモデラーにも通用するらしく、あのプラモデルやミニ四駆でお馴染みの「タミヤ模型」が、スイーツ作りのキットを出していたりする。知ってました?

デコレーションカテゴリトップ
株式会社タミヤのデコレーションカテゴリトップページです。

こちらはめっちゃ本格的(素材とか飾り付けとか全部選べる)なので、プラモデルをかじってた人や、こういうアクセサリー作りに興味ありありな人にはうってつけかもしれない。お店によってはセットで売ってたりするので、模型屋さんに行って探してみるのもいいかもしれないね(ハードル高い気もするけど)。