[東京グルメ] 立った!エビフライが立った!巣鴨の有名な食堂で頂く絶品エビフライ(東京都豊島区巣鴨 ときわ食堂)

[東京グルメ] 立った!エビフライが立った!巣鴨の有名な食堂で頂く絶品エビフライ(東京都豊島区巣鴨 ときわ食堂)

前に旧白河庭園に行った後、ぶらぶらと散歩をしていたら、最後に巣鴨にたどり着いた。そこで出会った見事なエビフライにすっかり心を奪われちゃった。

おじいちゃん・おばあちゃんの原宿は昔の話?

巣鴨地蔵通商店街を歩くと、まあ確かにご老体の方が多いけど、意外と若い人も歩いているなという印象を受けた。軒に並ぶお店は、食事処やお土産屋さんが多めで、原宿と比べたらそりゃー若者向けのセレクトショップはないけれど、老若男女楽しめるような感じだ。

巣鴨と言えば、とげぬき地蔵でおなじみの高岩寺。ここでお祈りをし、洗い観音さまにお水をかけて、自身の体の悪い部分と思われる場所をタオルで洗った。洗うことで、その悪いところが治ると言われている。(ちなみに洗った場所はお尻だ)

巣鴨で1番有名な食堂

さて、お祈りが終わると、少しお腹が空いてきた。巣鴨と言えばなにが有名なのだろう?スマホを使って調べてみると、ここに人気の食堂があるという。その名前はときわ食堂

創業は平成元年と比較的新しく(と言っても今年で28年目だけど)、巣鴨の他にも2店舗お店を構えているようだ。

14:00頃にお店に着いたところ、店内は満員。かつ、店の前には行列が…。確かに日曜日ではあるけれど、なるほど人気の高さが伺える。しばらくすると、店内に案内された。

店内はテーブル席が7割、カウンター席が3割といったところか。そこそこ広い敷地にかかわらず、お客さんでびっしりと席が埋まっていた。その中を学生さんか20代前半と思われる店員さんが4名ほど、せわしなく席を回っていて、さながら戦場を駆け回る兵士のようだ。

メニューを見ると、魚系が多い。お刺身からフライ系、焼き魚など、豊富なラインナップだ。初めてなので、おすすめが何か思案したが、どれも魅力的で決めかねる。散々迷った挙句、ここはと思い、エビフライ定食を注文した。それがこちら。

実に立派なエビフライが2本。大きな皿に堂々と鎮座している。この写真では分かりにくいが、アップで見てみると……。

グルメ番組なんかで見る洋食屋さんのエビフライのごとく、ビシッと立っているのだ。これは期待大ッ。

一口食べてみる。身も衣もしっかりとしている食感。もちろん、この大きさゆえ、海老の肉厚さと言ったらたまらない。目をつぶっていたって「いま僕は、海老を食べている!」と高らかに宣言出来るだろうと思えるくらい、立派なエビフライだった。味は大味にならず、備え付けのソースとも相性バッチリ。ご飯がどんどん進んでしまう。

さて、ここで困ったことが起きた。実はもう1品頼んでいた「にんにくの唐揚げ」。これがまた絶品だったのだ。困ったことはそう、ご飯が足りなくなりそうだということだ。

このにんにくの唐揚げ。皮付きのまま素揚げしたにんにくに、甘めに味付けされた味噌が添えられた小鉢で、食べるとホクホクとした食感と相まって、にんにくの豊かな風味が舌にガツンと直撃し、さらに味噌が潤滑となって、スルスルとご飯が進んでしまう。まだエビフライは1本残っているのに、ご飯の量が残りわずかとなってしまい、食べる勢いを調整せざるをえなくなってしまった。なんとも贅沢な悩みである。

まとめ

ときわ食堂は、巣鴨にありながら万人にお勧めできるお店だ。人気店であるために並ぶことを覚悟しなければならないが、その分満足度の高い定食を、お腹いっぱいに食べることが出来る。子供もお年寄りも、みんな笑顔でご飯を頬張っていた印象が残るこの食堂。近くに来たら足を運んでみてはいかがだろうか。